現代の葬儀・お葬式事情

今と昔

直葬という言葉を聞いたことありますか?一般の人にはあまり馴染みがない言葉かもしれませんね。この直葬という言葉は最近になって出来た言葉です。漢字をみて想像がつくかもしれませんが、お葬式に関係する言葉なのです。お葬式に関する言葉といっても、お葬式やお通夜という一般的なお葬式の儀式等と行わないで、火葬のみで済ませる新しいお葬式のスタイルの事を言うのです。勿論、火葬だけで済ますスタイルは昔からあり、何も今に始まったことではありません。

 

しかし、昔の火葬と今の火葬では意味合いが違うのです。昔、「火葬のみ」と言った場合、金銭的な経済面で苦しいため火葬しかできなかったという場合や、亡くなった方の身元が分からずに、ご遺族が分からなく火葬しかできなかった場合や、また生活困窮者等というケースが殆どでした。しかし、今ではこの火葬はそういったケースで行われることももちろんありますが、それ以外にも新しいお葬式のスタイルとして確立してきているのです。そして火葬と言わずに「じきそう」または「ちょくそう」と呼んで、このスタイルでのお葬式を希望する人が増えてきました。

 

昔みたいに、亡くなったらこうしなければいけないという、意識が若い人を中心に薄れてきたということが理由の一つにあげられますが、その他にも、インターネットでお墓参りが出来ると言った新たなスタイルが生まれ、時代の流れに乗り、お葬式も簡素化するという理由もあるようです。今と昔ではお葬式の方法がどんどん変わってきているのです。

葬儀費用

現在のお葬式の傾向の一つに、お葬式に書ける費用が低くなってきているということが挙げられます。その一番の原因となっているのが、お葬式に参列する人の人数が減っているということです。亡くなった方の親族の参列する人数と友人などの参列する人数によってお葬式の規模は変わってきます。

 

今はこのお葬式の規模が減ってきているのです。というのも、今の日本は少子化問題そして高齢化社会という問題を抱えていますが、それに伴って亡くなった方のお葬式を執り行う子供の数が毎年減ってきているからなのです。したがって、子供の数が減ってきている分、お葬式にかけられることが出来る費用も減ってきて、昔のように大規模なお葬式をすることが経済的に困難になってきているのです。また、お年寄りが長生きできる環境になってきたため、高齢者の介護期間が年々長くなってきていることも原因の一つなのです。お年寄りが長生きすることで、その家族に心のゆとりが生まれるのです。

 

つまり、亡くなった方のご遺族の心を癒すという役割を果たしているお葬式がその意義や内容が失われてしまい、形ばかりのものになってしまっているのです。そして。大規模なお葬式ではなく小規模なお葬式をあげる傾向が目立ってきているのです。お葬式の傾向は現在の日本が抱える問題を反映しているような気もしますね。

 

また、この傾向は都心部に多くみられる傾向で、地方に行けば大規模なお葬式が良し、とされている所も沢山まだ残っていて、小規模なお葬式の方が少ないのです。

お勧めサイト

海外生活のあれこれ
http://www.derrybrownfield.com/

 

海外生活を考えている人向けのサイト。
注意点などが書いてあるので、一度チェックしてみてください。

 

まつ毛で女度アップの方法
http://www.abusinessnews.com/

 

まつ毛を使って女力をアップさせる方法などが書いてあるサイトです。
手入れの仕方なども書いてあるので一度チェックしてみてください。